スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
( ・∀・)つ にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
訪問ありがとうございます、置いときますね!
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

パイプ!ピタッと!FPEE!

 2012-12-04
2012.11.16
今日はご存知(誰が?)このFPEEの記録を
IMG00207.jpg
注:たまたまそこにあった箱にたまたま入ってしまったもので箱とは無関係です

コチョコチョと水槽内&周りをいじりたいしかし水草や生体はもういっぱい・・・
L字ジョイントで発酵式CO2周りをすっきりさせようとSHOPへ
IMG00434.jpg
こんなの見つけたのであった
L字ジョイントが入っていながらパイプとかチューブなんかも入ってる
L字ジョイント単独ではSHOPに売ってなくて通常ジョイントと3個づつのセットしかなかった
ならばとこちらをチョイス(帰って調べると結構使われてる商品の模様)

たしか200円台の値段さらにおまけで付いてきたというポジションのパイプ
おまけ(*´ω`*)ってとこが自作の技術なんて皆無な僕に勇気をくれたハクナ・マタタ
色んなところで見かけた「パイプ曲げ」あれをやってみるチャンスだと・・・
失敗してもおまけなんだから心配ないさと

塩をギュウギュウに詰めるという面倒くささハードルの高さに尻込みし
先人たちの偉業を色々調べてみるとようは穴がつぶれなきゃいいらしい
なんかないかと探し、使ってないコンポのアンテナ線発見
       ↓
夕食準備の邪魔をしつつガスコンロ周辺でウロウロする
       ↓
  できたったヾ( ´ー`)ノ~ワーイ
多少ゆがみなんかはあるものの劇的!(ノ ゚Д゚)

以前の記事に書いたように諸々の事情でガラス製品は遠い存在
そんな我が家のCO2排出口の歴史
ver1
IMG00239_20121114122153.jpg
CO2添加始めたもののストーンの存在感の図

ver2
IMG00342.jpg
ワイヤー入りチューブでなんとか壁に寄せようとするの図

ver3
IMG00181.jpg
ちょっと透明のチューブを入れるさまはもはや涙無しでは・・・の図

FPEE(Final Paipupitatto Exhaust Edition)
IMG00204.jpg
注:FPEEでググると謎の外人さんの笑顔のページがでたりします

FPEE(Final Paipupitatto Exhaust Edition)アップ
IMG00199.jpg
キスゴムは水槽外側の1個だけで結構しっかり固定できた
これ実際に見ると曲げガラスコーナーとあいまってほぼ存在感なし!ないね?!いいね?!ない!

FPEE(Final Paipupitatto Exhaust Edition)消灯時フタをした状態
IMG00230_20121204192840.jpg
フタを閉めても前後ではなくサイドの隙間に入るというジャストサイズ
パイプピタット恐るべし・・・(たまたま)

全体的にジョイント部分が減り圧力が増したのか?そもそもワイヤーチューブがダメだったのか?
うちでは以前より細かい泡の期間が安定するという副産物も(←もちろん確証無し)

僕なんかにもわずか5分程度でできたFPEE、先人の残してくれる情報に感謝(-人-)
興味のある方は僕のやり方は行き当たりばったり&いい加減なので
先人たちの正しい情報をもとに自己責任になりますがやってみてはいかがでしょう
あんなとこもこんなとこも透明に(*´ω`*)

最後に、自作というほどでもない&特に目新しさも無いのに
大げさな感じですみませんでした<(_ _)>反省はしてますん
オレウレシカッタダケ・・・
最終的にL字ジョイントは使わn(ry


( ・∀・)つ にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
訪問ありがとうございます、置いときますね!
スポンサーサイト
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。